自由が丘の学童クラブの相場は年齢で変わる

自由が丘にある学童クラブの相場は、年齢によって変化します。料金が一番高いのは、2歳児で月に10万円を超える場合があります。年齢が高くなるにつれて安くなり、3歳児の場合は5万円台です。小さな子供さんはきめ細かな世話を必要としているので、利用料が高くなります。いろいろなオプションが用意されており、それを利用したらさらに高くなります。オプションの例としては、絵画や英語などがあります。1ヶ月の料金は、安いものとは言えません。しかし、子供さんの将来を考えたら、払う価値はあるでしょう。特に小学校の受験を考えているご家庭だったら、このような施設に通わせる価値はあります。受験なので、まず学力を高める必要があります。それだけではなく、人間性を高める教育も実施されるので、子供さんに計り知れないプラスになります。

年齢によって相場は大きく異なる

自由が丘の学童クラブの相場は、年齢によってかなり幅があります。小さなお子さんが、通った場合は月の利用料が10万円を超えます。一番高いのは、2歳児で月に10万円以上です。年中、年長児は6万円近くになります。この金額は1日中預かってもらった場合です。幼稚園などが終わった後に預かってもらうと、4万円から5万円台になります。他の施設の維持費などが必要になります。バイオリンなどのお稽古事をすることも可能です。その場合にも料金が必要になります。例えば、ピアノやバイオリンのクラスだったら、料金は13000円程度になります。別のところに通うよりは、学童クラブで学んだ方が効率的になります。他のところに行くと緊張しますが、同じ場所だったらリラックスして学べるでしょう。

子供のために高いお金を支払う価値はある

このようなクラブの相場は、決して安いものとは言えません。共働きのご家庭でなければ、支払うのが難しいこともあるでしょう。しかし、子供さんの将来のことを考えたら、高いお金を払う価値はあります。特に小学校受験を考えておられる場合は、このようなところに通った方が、学校に合格しやすくなります。受験なので少しでも高い点数を取らなければなりません。そのテクニックを教えてくれます。もちろん、勉強だけしていては子供さんは、苦痛を感じてしまいます。運動やレクレーションも大切です。このような子供向けのクラブでは、勉強以外のことも教えてくれます。例えば、絵画を学べます。それをすることによって人間性を高めて、魅力のある児童になることができます。小学校受験の面接対策にぴったりです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

自由が丘の学童は資格を持った先生がいて安心

いま、時代的な背景として、共働きの過程が増えています。その中でお子さんが小学校に入学をすると、放課後のことが心配というケースも多いのではないでしょうか。昔からありますが、現代では進化されており、とても...

時間延長可能な施設がベスト!自由が丘の学童

東急東横線および東急池上線の沿線にお住まいの方で、お子様の学童保育をご希望の保護者の方に多く選ばれている施設が、自由が丘駅から徒歩3分の距離にあるスクールです。一般的な公立小学校に併設されている施設と...

自由が丘の学童の待機児童問題対策

保育園の待機児童の問題はマスメディアで大きく報じられたこともあって、かなり有名になりました。その解消に向けて行政も重い腰をあげつつありますが、実は学童に関しても待機児童問題があります。特に人口集中が続...

自由が丘の学童クラブの相場は年齢で変わる

自由が丘にある学童クラブの相場は、年齢によって変化します。料金が一番高いのは、2歳児で月に10万円を超える場合があります。年齢が高くなるにつれて安くなり、3歳児の場合は5万円台です。小さな子供さんはき...