自由が丘の学童の待機児童問題対策

保育園の待機児童の問題はマスメディアで大きく報じられたこともあって、かなり有名になりました。その解消に向けて行政も重い腰をあげつつありますが、実は学童に関しても待機児童問題があります。特に人口集中が続いている東京において顕著で、自由が丘などでもポツポツ問題が表面化してきています。保育園児と違い学童は一人で家でお留守番ぐらいはできる年齢には達しているわけですが、しかし、やはり毎日のように子供を家に一人だけ留守番させているような状態はあまり好ましいものではありません。一人で家でぼーっとしていたり孤食をしていたりするのは、子供の情操教育上悪影響があるといえます。学童保育施設に入ることができればそれに越したことはないのですが、もし定員オーバーで無理な場合は、その代替策を検討した方がいいです。

小学校低学年の子供を預けるのはなかなか難しい

小学校低学年の子供を預かってもらう所というのは、これまでなかなかありませんでした。小学校低学年の児童は、スポーツ少年団などにも年齢的にまだ入れない場合がほとんどですし、塾もまだ早いと考えている親御さんが多いはずです。ですから公的な施設に入れず待機児童になってしまうと、行き場を失ってしまい、結局は家に一人で留守番するというようなことに追い込まれてしまうわけです。しかし、自由が丘などでは最近、小学校低学年の子供を預かってくれるようなサービスも徐々に登場しつつあります。民間の会社が運営しているので、費用が多少かかりますが、それだけにサービスの質は高い場合が多く、中には専用車での送迎や食事提供、学習指導などをしてくれるところまであります。これらの民間サービスがより拡充してくれば、待機児童問題を解消できる可能性もあります。

小学校低学年から英才教育を施すのも悪くない

待機児童になってしまったから仕方なく民間の預かりサービスを利用するという消極的な理由ではなく、積極的に民間のハイクオリティな預かりサービスを利用して子供に英才教育を施していくというのも賢い選択だと言えます。英才教育を施すなら、やはり小学校低学年の頃から子供に色々と学ばせておく必要があります。公的な施設では、そのようなハイレベルな教育は望めませんが、民間ならかなりハイレベルな教育指導を行ってくれるサービスも選択できます。小学校低学年の頃に学習塾はまだ早すぎると考える親御さんが多いのは確かですが、しかし、実はこの頃の子供の生活のありようが、後々の読解力や創造力、理解力、情緒の安定度合などに大きな影響を与えると言われています。ですから小学校低学年からしっかりと教育を行っていくことはとても大事で意味のあることです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

自由が丘の学童は資格を持った先生がいて安心

いま、時代的な背景として、共働きの過程が増えています。その中でお子さんが小学校に入学をすると、放課後のことが心配というケースも多いのではないでしょうか。昔からありますが、現代では進化されており、とても...

時間延長可能な施設がベスト!自由が丘の学童

東急東横線および東急池上線の沿線にお住まいの方で、お子様の学童保育をご希望の保護者の方に多く選ばれている施設が、自由が丘駅から徒歩3分の距離にあるスクールです。一般的な公立小学校に併設されている施設と...

自由が丘の学童の待機児童問題対策

保育園の待機児童の問題はマスメディアで大きく報じられたこともあって、かなり有名になりました。その解消に向けて行政も重い腰をあげつつありますが、実は学童に関しても待機児童問題があります。特に人口集中が続...

自由が丘の学童クラブの相場は年齢で変わる

自由が丘にある学童クラブの相場は、年齢によって変化します。料金が一番高いのは、2歳児で月に10万円を超える場合があります。年齢が高くなるにつれて安くなり、3歳児の場合は5万円台です。小さな子供さんはき...